過活動膀胱の辛さを少しでも緩和|尿漏れは専門の医院に相談しよう

カウンセリング

原因がどこにあるのか

女の人

尿漏れは、尿漏れパッドなどをつけることで対処し安心している人もいますが、症状がどういったものかによって改善することもできます。自分自身の尿漏れの症状がどういったものか、また改善する方法があればきちんと対処するように心がけましょう。

詳細を確認する

過活動膀胱の診断

ウーマン

全国の泌尿器科で尿漏れや過活動膀胱に関する相談件数が増えています。この尿漏れや過活動膀胱は最近認知度も高まっているので認知度の高まりによって相談件数も増えているという現状があります。そのため、以前にも過活動膀胱に悩んでいる人が泌尿器科を訪れることはあったのですが、現在では認知度も高まっているためそれで初めて自分の病気に気づいたという人もいるのです。過活動膀胱の特徴といえば昼も夜も時間を問わずに尿排泄をしたくなる病気です。切迫性尿失禁と少し似ている部分があるといえるでしょう。泌尿器科では過活動膀胱なのか他の溢流性尿失禁なのかを検査で見極めてくれるので健康な生活を送るために活用できます。何よりいつでも尿がしたいと思ってしまう日常が改善でき、精神的にも安定を得られるといえます。患者数の多い過活動膀胱の辛さを少しでも緩和させてくれるでしょう。

普通膀胱は寝ている時は休止するものですが、過活動膀胱は夜間に排尿したくなって何度も起きてしまいます。そのため寝不足が続き、それが影響して精神的にも負担がかかってしまうのです。泌尿器科では過活動膀胱の原因を神経からくるものとそうではないものの二つに分けて診断しています。神経因性とは神経の障害が過活動膀胱の原因となっていることを指しています。脳梗塞や脊椎の損傷など、神経にダメージが引き起こされた際に膀胱への神経伝達がうまくいかなくなってしまうのです。非神経因性はそれ以外の要因ということになります。男性なら前立腺肥大症、女性なら出産と加齢によって筋肉が衰える、そういった神経以外の原因が過活動膀胱を引き起こしているのです。

症状をよく覚えておきます

女性

尿漏れは、筋力の低下が原因のタイプがあり、女性に多いのが特徴です。また、恥ずかしさや症状を軽くみる傾向もあり、病院での受診をためらう人も多くいます。自分の症状をよく把握し、早めに治療することで、不快な症状から解放されます。

詳細を確認する

腹圧性かどうか調査

医者

腹圧性の尿失禁の治療を行う時、その尿漏れが本当に腹圧性のものかどうか判断するために、いろいろな調査を行います。その調査には、ストレステストやパッドテストがあります。

詳細を確認する